若い連中とツルんでいればおじさん化を回避できると思ってる中高年は、結局、「安いおじさん」というおじさん中でも最下層の人格標本になる。
04/22/2014
23:10

たぶん悲惨なのは、一期一会なネットコミュニケーションや「コンテンツの切れ目が縁の切れ目」を繰り返しながら歳を取っていくうちに、自分自身の精神的なバイタリティも、キャラ立て的も厳しくなってしまった人です。新しい出会いをつくるためのバイタリティも、瑞々しい感性も失ってしまって、けれども持続的な人間関係をつくるノウハウが欠如しているから段々孤独になっていく――これは、寂しがりな人には堪える境地だと思います。

 ですから「寂しさ」という感情をベースに考えるにつけても、人脈(というと大袈裟かもしれませんが)を形成するという面でも、五年後、十年後も一緒にいてくれそうな仲間をつくろうという意識は、ネットコミュニケーションのなかでもう少し注目されてもいいと私は思います。

04/22/2014
13:47

(Source: nontamax, via yellowblog)

04/19/2014
22:52
04/19/2014
20:41
捜査には7年間で9億円が投じられた
三億円事件 - Wikipedia (via vampir, lbuki) (via kashima) (via niwa9) (via ssbt) (via appbank) (via noboko) (via shuhey) (via uessai-text) (via tkashiwagi) (via shinoddddd) (via massava) (via ak47) (via dukkha) (via yellowblog) (via oryzae) (via xlheads) (via highlandvalley) (via hkdmz) (via katoyuu)
04/19/2014
20:37
私には、忘れてしまったrblgが一杯ある。だが、私はそれらを「消費して来た」のでは決してない。忘れることもまた、愛することだという気がするのである
(via petapeta)

(via yellowblog)

04/19/2014
20:31
日本人はカレーが大好きかもしれないけどカレーは日本人とはただの遊びだと思ってるから
04/19/2014
20:31

「人がいつ死んでしまうかわからない」と正直に感じる人は、大抵どこか壊れている。

普通の世界は、そういう「虚無」というものを隠蔽するために、仕事したり、恋をしたり、家族を持ったり、夢中になったり、空気を読んだり、旗をふったり、戦争したり、僕らは大騒ぎして生きているのだ。「空気に合わせて楽しく生きる」というのは、世界の虚無を隠蔽する陽気なお祭り騒ぎだ。

でも、一部の人は、自分の心に対してそういう隠蔽をスルのが下手だ。
そういう人は、みんなが盛り上がっている瞬間に、ふと世界に醒めてしまう。そして、その世界に醒めていること自体を必死で隠そうとする。糖衣が剥がれてしまった苦い薬を、甘いままであるようなふりをしてしゃぶり続ける。
「アンダーカレント」は、そういう世界の隠蔽ができないままに、それでもグダグダとなんとなく、飄々と生きる主人公の姿を描いてみせた驚異的なお話だった。

04/19/2014
9:41
酔った友達がポッチャリ系の女の子になだめられてる時に「ごめん、おっぱい大きすぎて何言ってるかわからない」と言ったのがパンチ強過ぎた

t-lav ‏@t_lav95 2月28日

akiko_saito daily: twitter名言集 2013年3月

(via omoro)

(via poochin)

04/16/2014
22:14